クイーンの曲「デライラ」に涙

クイーンの曲に「Delilah (デライラ)」という曲があります。

ボーカルのフレディーマーキュリーは大の猫好きでした。
この曲は愛猫デライラについて歌ったものです。

9月に虹の橋を渡ってしまった我が家の半蔵プーへの思いと同じだな….と涙しながら聴きました。

日本語訳してみましたので、猫好きの方、是非曲を聞いてみてください。

Delilah, Delilah, oh my, oh my, oh my – you’re irresistible – ooh ooh ooh
デライラ、デライラ、デライラ! 君って悶絶するほど可愛いね!

You make me smile when I’m just about to cry
僕が悲しくて泣きそうになった時でさえ、君と一緒だと微笑んでしまう。

You bring me hope, you make me laugh – and I like it
君は僕に希望をくれるし、大笑いさせてくれる。 ほんとにすごい!

You get away with murder, so innocent
君はとても無邪気だから、君がどんな悪さをしても僕は許してしまう。

But when you throw a moody you’re all claws and you bite
君が機嫌悪い時には爪をむきだしてひっかいたり噛みついたりするよね。

That’s alright!
でも僕は全然OKだよ!

Delilah, Delilah, oh my, oh my, oh my – you’re unpredictable – ooh ooh ooh ooh
デライラ、僕のデライラ! 君の行動ってほんとに予測不能だよね。

You make me so very happy
When you cuddle up and go to sleep beside me
僕の横で体を丸めて君が眠りにつくのを見ると、僕はすごく幸せを感じるんだ。

And then you make me slightly mad
When you pee all over my Chippendale suite
でも、君がチッペンデールの骨董家具セットにおしっこしまくったりした時は僕をちょっと怒らせるよね。

Ooh ooh Delilah
Ooh ooh Delilah
Oh oh oh oh oh oh oh
デライラ、デライラ!!

You take over my house and home
僕は君に家を乗っ取られてしまったみたいだよ。

You even try to answer my telephone
君は電話にさえ出ようとするからね。

Delilah, you’re the apple of my eyes
デライラ、君を目の中に入れても痛くないほど愛しているよ。

Meow, meow, meow,
ミャオ、ミャオ、ミャオ。

Delilah – I love you, Delilah oh
デライラ、君が大好きだ。愛しているよ。

Ooh you make me so very happy – you give me kisses
君は僕を本当に幸せにしてくれるね。 ねえ、僕にキスして。

And I go out of my mind – ooh ooh
君がキスをしてくれると、僕は頭がおかしくなりそうなほど幸せになるんだ。

Meow, meow, meow, meow,
ミャオ、ミャオ、ミャオ。

You’re irresistible – I love you Delilah
君は我慢できないほど可愛い。可愛すぎるよ。I love you デライラ!

Delilah – I love you, ha ha
デライラ、大好きだ。I love you.

You make me very happy – oooh oh yeah
君は僕を本当に幸せな気持ちにしてくれるね。

I love your kisses
I love your kisses
I love your kisses
I love your kisses
I love your your your kisses
I love your kisses
君のキスが大好きだ!大好きだ!大好きだ!!!

広告

あの日 that day 

DSCN0015(1280x960)ma
Hanzo-pu used to sleep with me for a couple of hours after my husband left home for work.

He used to lick me on my hands and arms for about 10 min. (sometimes more) and lie down next to me shearing my pillow.

On the last day of his life, he was staring at me like this picture for a very long time after he finished his “licking-service”, as if he wanted to remember me forever.

Actually I asked him:

“Hanzo-pu, are you staring at me so you’ll remember me forever?”

I never thought he would pass away on that day…

Hanzo-pu went over the rainbow bridge on September 9, 2018.

– Memory of our beloved cat Hanzo-pu –


夫が朝家を出た後、いつも半蔵プーと2~3時間一緒に寝るのが日課でした。ベッドに来るやいなや半蔵プーは私の手や腕を10分ほどぺろぺろと舐めまわし(10分以上の事もありました)、それが済むと私のすぐ隣に横になって一緒に寝ました。私の枕を半分使って。

彼の最期の日も。

あの日、半蔵プーは私を舐めまわした後しばらくの間この写真のように私を見つめていました。私の事をずっと覚えていたと思ったのでしょうか。

あまりにも長く見つめているので「プーちゃん、私の事を忘れないように見てるの?」と聞きました。

まさかその日の夕方に死んでしまうとは思いもしませんでした。

半蔵プーは2018年9月9日に虹の橋を渡りました。

– 半蔵プーの思い出 –

ピアノキャット Piano cat

pathetique 2nd
Michael’s brother is playing Beethoven’s  “Pathetique sonata” in the picture.

Hanzopu concentrates on listening to it.

Hanzo-pu loved his performance.

I guess Hanzo-pu also loved my performance too…I should have played more for Hanzo-pu…

By the way he didn’t like recorder sound. Whenever I played recorder, he used to jump up to bite my elbows to make me stop playing.

– memory of our beloved cat Hanzo-pu –

写真の中で夫の兄はベートーベンの悲愴をひいています。それを半蔵プーは心地よさげに聴いています。 私の弾くピアノも好きだったのでしょうか。 もっと弾いてあげればよかった。

ところで、半蔵プーは私のリコーダ演奏が大嫌いでした。 私がリコーダを吹きはじめるといつも、ジャンプして私の肘に噛みつきました。やめてくれーと言わんばかりに。リコーダの音は猫の耳には高すぎるのですね。

– 愛猫半蔵プーの思い出 –

トラウマ.. Traumatized..

(愛猫半蔵プーは9月9日に交通事故で死にました)
(Our beloved cat Hanzo-pu died from being hit by a car on September 9, 2018)

Hanzo-pu wathing the rainfall
The last moment of Hanzo-pu’s life….his eyes watching me, his mouth panting, his body convulsing …too traumatic. Those scenes often come back to my mind.
Can I say he had a happy life even though he died that way?

半蔵プーの最期の瞬間、苦しみながら私を見る目、あえぐ口、痙攣する体….そのシーンがトラウマになっている。一日に何度も蘇る。あんな死に方をした半蔵プーは幸せだったの?

悲しみは自分だけのもの

(愛猫半蔵プーは2018年9月9日に事故で死にました。)

半蔵プーが逝ってしまってからもうすぐ三週間。

色で例えると、毎日が濁ったどんよりした色。 楽しい事をしようと誘ってくれる人もいるけど、楽しい場に行くと私の気持ちはここにはそぐわないと思ってしまう。

そんな中、楽しい事より何かのお手伝いをするほうがしっくり来ると言う事がわかりました。シニアセンター(高齢者向けカルチャーセンター)でちょっとしたお手伝いをした時、心が少し軽くなりました。 皆さんが持ち寄ったお菓子やケーキをテーブルの上に並べるだけの簡単なお手伝いでしたが。

母が亡くなった頃の私はもっと強かったのでしょうか?それともその頃の感情を忘れてしまったのでしょうか?

愛猫半蔵プーを亡くした今、母の時より辛く感じるのです。

同じく半蔵を愛しそして愛された夫と悲しみを共有できるのに、あの頃よりずっと辛いのは何故なのでしょう。

母が亡くなった時、夫も一緒に悲しんでいました。でも私の悲しみとは違っていたのは理解できます。

自分の母親を亡くした悲しみは自分だけのもの、そう感じました。

しかし、今回も同じように感じてしまうのです。二人とも半蔵プーを同じように愛していたのに。

悲しみは、一人でどうにかして行かなきゃならないものなのだと今回学びました。 友人や知人、家族の支えや暖かい言葉は本当にありがたいし感謝の気持ちでいっぱいです。

だからと言って悲しみが軽くなるわけではないのですね。 自分でどうにかしないと。

悲しみがふっと和らぐ瞬間をちゃんと記憶して、どうすれば良いのか考えて行こうと思います。

シニアセンターでのちょっとしたお手伝いが私の心を軽くしてくれた事を前述しました。 趣味や外出など、楽しい事については考えるだけでも辛くなったのに。

シニアセンターに来ていた人達は皆75歳は越えていたと思います。 92歳の方もいました。

みなさん今までにどれだけ辛く悲しい思いをして来たのでしょう。楽しそうにダンスのレッスンを受けるみなさん。でも、心の中に抱えているものは楽しさだけじゃないのだなとしみじみ感じました。

「悲しみは海と似ています。波のように寄せては返す。時にはとても平穏だけど、たまに激しくなってしまう。私たちにできることは、泳げるようになること」

──Vicki Harrison

Dreams are the place that connects this world to the next

(I wrote this article September 21, 2018)

Twelve days ago, Sep. 9, 2018, we lost our beloved cat Hanzo-pu in a car accident.

It’s strange but since about one month ago even before his death I had been having uneasiness in my mind when I got up every morning.  So I used to start the day with  dull and gloomy feelings.

Now, when Hanzo-pu is gone, I easily understand that this was “foreboding”.

Since my husband Michael leaves home for work two hours before I get up every day, when I got up there were only two of us….. Hanzo-pu and me….. in the house.   I wished my husband’s retirement to be sooner especially these days when I got up with bad feelings.

So I really, really, appreciated and had been grateful to Hanzo-pu who was with me.

At this time, Hanzo-pu suddenly died.

After his death my days started with deep sorrow because every morning I was back to reality.  I had to know Hanzo-pu is gone…

Until this morning.

This morning, I saw a very strange but beautiful dream.

 


In my dream Hanzo-pu was still alive.  Even though he had been involved in a terrible car accident.

He was not sleeping but just lying down in his cat-bed.  (He was so big that we bought him a dog-bed :D)   Since the accident he couldn’t walk.

Somehow also, it was my house in Japan where I lived with my parents and brother.

Hanzo-pu raised his upper body and saw me.  I saw his bib-like white breast hair.   It was ordinary adorable Hanzo-pu.  His face said he had no pain.

But I got to know then poor Hanzo-pu couldn’t walk because his backbone was broken.

His body was half paralyzed.

Probably he wanted to get up, and he started to get out from bed, but his lower body didn’t cooperate him to walk.

I said to Michael “Let’s take him to the vet. so he will be treated.”

He said “Yes we should” but started to eat Philly Cheese steak sandwich on the sofa, which was one of Hanzo-pu’s favorite places.  He used to spend happy relaxing times on Michael’s lap every day, sometimes for a couple of hours and sometimes for several minutes at his whim.

I guess he wanted to go to vet after being cuddled by Michael on his favorite place.

Next moment, a sudden location change happened.

I was in the car with Michael at the intersection of WWC street and WG street close by our house.  We were waiting at the traffic light.

It’s interesting because the driver’s seat was on the right side.   There was  Hanzo-pu in the cat-bed on Michael’s lap.

I was sitting in the middle of back seat, there were two thin young women left side of me (in the dream they were cheerleaders) and my deceased mother who died ten years ago was on the right side of me though I couldn’t see her face, I was very sure it was her because vibes from her was my mother’s.

My dream was over then.  I woke up.

DSCN9641aIt was a beautiful morning with full of happiness.

Because animals are simple and pure-minded,  probably it’s quicker for them to be ready to go to “The Next World”.

I couldn’t see the person who was sitting on the passenger seat (I saw white fog-like thing there, or it was just sun light reflection, or it just looked that way I don’t know), he/she could be a guide to Hanzo-pu’s next life.

Two young women could be angels (or assistant for the guide).

I learned one thing after I lost Hanzo-pu.

It is:  God (or A Big Power) can decide everything while your beloved one who died (I mean my mother) has tasks to support me after A Big Poser’s decision.

Since my loss of Hanzo-pu, I was just praying to my mother vaguely like “Mother, Please, Please” without any specific mind.

I am convinced what happened in my dream was my mother’s reply.

Recently I read an article which posits that if you see your beloved ones who are deceased they are already residents of next life (or next world)

I was very happy I got to know that Hanzo-pu is ready for his journey to the next world.
He looked happy and peaceful in my dream though he still could not walk.
Sometime soon he will be able to walk!   I knew that clearly in my dream.

I know he is ready to go, though I strongly want to ask him to be with us until at least his forty-nine-day Buddhism memorial.  In Buddhism, spirits of the departed stay still in this world for seven weeks.

If Hanzo-pu’s spirit decided to be with us until the time we go to our next world it’s up to him, too!

Because he had a free-spirit and had his own rules when he was alive.

We love you so much, Hanzo-pu.

 

(パート2)夢はあの世とこの世をつなぐ場所。あの世を信じている人へ。

二年前に 夢はあの世とこの世をつなぐ場所。あの世を信じている人へ。 という記事を書きました。 今回はそのパート2になります。

12日前、2018年9月9日、最愛の猫家族、半蔵プーを事故で亡くしました。

puatthe porch (1)すごく不思議なのですが、半蔵プーが亡くなる一か月近く前から朝起きた瞬間に得体の知れない不安を感じ、どんよりたした気分で一日をスタートしていました。

半蔵プーが亡くなった今、それは多分虫の知らせだったのだろうと理解することが出来ます。

夫は私が起きる時間より2時間ほど早く家を出て職場に向かうので、朝はいつも半蔵プーと私の二人だけでした。

早く夫が退職して毎日家にいてくれる日が来るといいな、と思いながらも、半蔵プーがそばにいてくれるので本当によかったと、ここ一か月ほど半蔵プーに感謝をする日々が続いていました。

そんな時、半蔵プーが突然に死んでしまったのです。

彼が死んでからは毎朝起きた瞬間に、半蔵プーがもういないという現実に引き戻され、深い悲しみの中で一日をスタートしていました。

昨日の朝までは。

今朝、こんな不思議な夢を見ました。


事故に遭った半蔵プーなのですが、夢の中ではまだ生きていました。
半蔵プーは家の玄関ホールに置かれた猫ベッドの中にいました。でも、事故に遭ったばかりなので歩くことが出来ず、ずっとベッドの中にうずくまっていました。

何故か夢の中の玄関ホールは私がかつて住んでいた実家で、しかも建て直す前のものでした。
(建て直した家には訪れるだけで住んだ事はありません)

半蔵プーは猫ベッドから半身のみ起き上がり私の方を見ました。 いつもの愛らしい半蔵プーでした。 私はそれを見た瞬間に、「ああ、背骨が折れてしまって歩く事が出来ないのだな」とわかりました。 猫トイレに行きたいのか、彼はベッドを出ようとするのですが、下半身を全く動かすことが出来ません。

私は夫のマイケルに、「獣医さんに連れて行って治療しましょう。」と言いました。

マイケルは、「そうだね。」とは言いながらも、彼がいつも寛いでいるソファーで肉野菜炒めサンドイッチを食べ始めました。その場所は、半蔵プーが大好きだった場所の一つで、マイケルに抱かれながら毎日数十分から数時間過ごしていた場所です。

多分半蔵プーはマイケルに抱っこしてもらってから病院に行きたかったのでしょう。

そのあと場面が急に変わります。次の場面では、マイケルと私と半蔵プーは車の中にいました。家のすぐ近くの交差点で信号待ちをしていました。

何故か車の運転席は右側でした。半蔵プーはベッドごとマイケルの膝の上に乗っていました。

私は後ろ座席の真ん中にいたのですが、左側には若い女性二人が座っており、(夢の中では彼女たちはチアリーダーだという事になっていました)右側には10年前に亡くなった母が座っていました。 母の顔は見えなかったのですが、隣の座席の彼女から感じ取れる波長が間違いなく母のものでしたので、母だったと思っています。

夢はそこまでです。そこで目が覚めました。

いつもと違い、すがすがしく幸福感に満ちあふれた朝でした。

動物は生きていた時からピュアな心を持っているので、多分あの世へ行く準備も人間より早いのではないでしょうか。 運転席の左側に乗っていた人は全く見えませんでしたが(ただ白っぽく見えただけです。それは太陽の光なのか、ただそういう風に見えたのかはわかりません)、もしかするとあの世への案内人だったのかもしれません。

二人のチアリーダーは天使(又はあの世への案内人のアシスタント)だったのかもしれません。

半蔵プーを亡くした時に分かったことがあります。

神様(または大きな力)だけが決定権を持っており、愛する故人は神様(または大きな力)が決定をした後にあれやこれや手伝うだけなのだと。

半蔵を亡くしてから、毎日のように母に「お願い、お願い」と漠然に祈っていました。

この夢は、母への祈りの答えだったのですね。

ところで数日前、愛する故人が夢に現れるのは、その人があの世に行っている証拠だ、という記事を読んだばかりでした。

半蔵プーにその準備が出来つつある事をすごく嬉しく思いました。

夢の中で半蔵プーは歩くことが出来ませんでしたが、苦しい顔はしていませんでした。

準備が出来つつあるのは嬉しいですが、四十九日までは私達とずっと一緒に過ごしてくださいね。 その後も一緒にいてもいいのですよ。行きたくなければ、私たちが行く時に一緒に行きましょう。