メス蜘蛛の心理について考えてみた

二日前の事。

庭に出てみると、大きな蜘蛛が巣を張っているのを発見しました。

DSCN9793後で調べた所、「イエローガーデンスパイダー」という、特に珍しくはない蜘蛛だと言う事がわかりました。

人間がちょっかいを出したら噛みつくそうですが、毒はないそうです。メスの腹には黄色と黒の模様がありますが、オスはただの茶色で、大きさはメスの五分の一ほど。メスの、足を含まない大きさは2センチぐらい。

もっと詳しく知りたい方は ここ (Wikipedia) をご覧ください。

さて、昨日もまた巣の観察に行きました。ディナー(獲物)が捕れたかどうか見たかったからです。

spider dinner 01巣に何かがぶらさがっています! どうやら無事獲物を捕獲する事が出来たようです。

しかし、その獲物をよく見ると、だらりと伸びた蜘蛛の足でした。さらによく見ると足を残して全て食われてしまってガイコツ状になっている「蜘蛛の残骸」でした。

この残骸は多分交接の後、メス蜘蛛に食べられてしまっオス蜘蛛なのでしょう。

無残な姿でしたが、あまりにも綺麗に食べているので感動すらしました。 まるで、焼き魚をきれいに食べる人のよう。

spider dinner 03


さて、何故全部食べずに足だけ残し、巣にぶらさげていたのかを考えてみました。

① 食べてしまったとは言え、一度は愛し合った仲。足だけでも取っておいて愛の記念品にしたい。
② 記念品ではあるが、獲物が全くひっかからなかった時は非常食として食べる。
③ 「オスのみなさん、私は身ごもっているので、もう交接しませんわよ」というサイン。

多分③が正解だと推測します。


今日も様子を見に行って来ました。

すると、あの残骸が跡形もなく無くなっているではありませんか! そればかりでなく、メス蜘蛛は巣の中心部の裏側の、編んだレースのような部分に場所を移動していました。

DSCN0016m裏側でしかもレースの編み目が細かいので、よく見えません。

多分獲物が捕れなかったのでオスの足を食べてしまったのでしょう。

子供を身もごったばかりの大切な時期なので、感傷的になるのはやめて栄養補給に徹しようと考えたようです。

そんな訳で、「私はもう交接しません」のサインが無くなってしまいました。そこでメス蜘蛛は自分の意志をはっきりと示す為に巣の裏側にまわり、「私は見えませんよ、存在しませんよ」状態になったのだと推測します。

人間の目からはうっすら見えますが、きっとオス蜘蛛の小さな目からは見えないのでしょう。

夫との「愛の記念品」はきれいさっぱり無くなり、メスはひとりぼっちになりました。

いえいえ、そうじゃありません。 大事な大事な子供を身ごもっているのですから。

広告

重罪を犯したリスの話(アンカレッジ)

リスは賢い上に、高いプライドと不屈の精神の持ち主でもあります。

去年、我が家の軒下に鳥用の餌箱を設置した日、すぐにリスがやって来て餌を食べようと試みました。

餌箱にはリス除けの仕掛けが施してあって、アベレージサイズの鳥より重い鳥や動物が餌窓下の金属製止まり木に乗ると、その重みで餌窓が閉まり、食べる事が出来ません。にもかかわらず、リスは一日中餌を食べようとあらゆる手段を使って奮闘努力をしていました。
鳥ごときが地面に落としたエサなんて食べるか…..と言わんばかりに。

その手段とは….
● 家の窓枠につかまり、そこから思いっきり餌台に飛びついて一瞬にして食べる (失敗)
● 家の窓枠につかまりながら前足を思いっきり伸ばして餌窓に手を突っ込もうとする (失敗。腕が短すぎた)
● 餌台にぶら下がって食べようとする (失敗)
● 餌台の上に逆さまに張り付いて餌窓に手を入れようとする(失敗。うまく体のバランスがとれない、逆さまになると見る世界が変って何がなんだかわからなくなる)

リスを見ていると、「小動物もちゃんと思考する」事がよくわかります。

さて本題。

今朝、リスについての面白いニュース記事を読みました。

下記がそのニュースの概略です。

アラスカ州アンカレッジの警察官が、Facebookにビデオを投稿。
その内容は、「リスにドーナツを盗まれた!リスは警察署の駐車場をドーナツをくわえて逃げ去った」、というもの。
警察官はさらに「警官からドーナツをくすねるなんて行儀悪い。重罪だ!」と言っていたそうです(^^)

あはは!この警官は、「アメリカの警察官はドーナツが好きだ」、というステレオタイプをジョークにしてますね! なかなかユーモアがあります。

さて、頭の良いリスも、警察官とドーナツの関係をちゃんと理解しているのですね(^^)

「うーむ。この駐車場に来る人間はドーナツを持っている確率が高いなあ。よし、隙を見て失敬しよう」と考えたに違いありません。

自覚無し行動の不思議(ハエから教わった事)

先日ボーっとテレビを観ていた時の事。

右手の指の谷間のあたりが何だかチクリとしたので見てみたら、
大きなハエが薬指と小指の間に止まっているではありませんか。

どうやら塩分補給のために私の汗を吸っていたようです。

私の指の間がハエにとって「地の塩」になった事はありがたいのですが、

容赦なく思い切り手を振りハエを追い払いました。愛も慈悲もへったくれもありません。

(※ 「地の塩」とは、新約聖書の山上の垂訓のひとつ。 マタイ福音書の5章13節から16節に記述がある。 … 塩は腐敗を防ぐことから、優れたもの、役に立つものを示す比喩で、ここでは愛と慈悲を意味している。Wikipedia より)

さて、そこでふと思った事は、「あら、私は知らないうちに手をパーにしていたのね」という事。

なるほど、人間って自覚無しに変な行動をしている事があるのですね。

変な行動は人によって様々でしょうが、自覚していないとは言え、何かそこに隠された「意味」があるはずです。

「手をパーにしていた意味」を改めて考えてみました。 するとその意味が天啓のごとくわかったのです。

ガーデニングが趣味の私は、毎日庭に出て雑草を根こそぎ引っこ抜くという荒行(あらぎょう)をある目標に向かって遂行しているのですが、その時手をグーにしているのです。 毎日毎日手をグーにして思いっきり力を込めて雑草を抜いた後は、しばらく手がグーの形状にとどまってしまいます。 私の同じ世代の人ならわかりますよね?

ですので、庭仕事が終わりシャワーを浴びた後、「手をグーパーする指のリハビリ」を毎日数分間行っていました。 パーの状態をグーの状態の3倍ぐらいにするグーパーリハビリです。

その時はもちろん自覚しながらの行動です。

そのリハビリを毎日やっているうちに、自覚していない時でも無意識に指をパーにしてしまっていたわけです。

要するに「手をパー」が癖になってしまっていたのです。

ハエのお陰で、自覚無しにやってしまう自分の癖について改めて考える事が出来ました。

昔、通勤電車の中で鼻の穴に親指を突っ込みながら爆睡しているおじさんを見たことがあります。

その時は「あらまあ」と思ったのですが、彼はきっと親指で鼻糞をほじくる癖があったのですね。

長く時間が経過してはじめて謎が解ける事象の面白さも、このハエに教えてもらいました。

ハエに感謝。

落ち込んでいる私を暖かく見守ってね(非公開ブログを公開します)

(2014年の非公開ブログ記事です)

私はワードプレス(Wordpress.com) の無料ブログを利用していますが、無料ながらもなかなかの優れもので、寛容にも非常に便利で役に立つサービスを提供してくれます。 その中のひとつが「検索ワード紹介機能」。

どういう機能かと言うと、読者が私のブログにどんなキーワードで辿り着いたのかを知らせてくれるというもの。

で、私のブログに辿り着いた人の中で最も多い検索ワードは「落ち込んだ時に元気になる言葉」

世の中の皆さん、悩んでますね。落ち込んでますね。
私にもほぼ定期的に来ます、悩みや落ち込みが。

ちなみに今日(2014年1月19日)私のブログに来てくださった方の検索ワードはこちら。

落ち込んだ時に元気になる言葉 (三人)

おでこ青筋     (一人)

アメリカ在住 日本人 ブログ              (一人)

元気になる言葉 (一人)

私も悩み多き女ですが、誰かに悩みや愚痴を聞いてもらった時に余計に落ち込む言葉を紹介したいと思います。カッコ内太字は、落ち込んでいる側の反応です。

1.私だったらそういう事で悩まないけどなー。と言って自分だったらどうするか話す。
(そう言われると、私の考え方を否定しているように聞こえるじゃん。ふんっ。)

2.そんな悩みちっぽけだよー。
(悩みってね、主観的な物だから、自分が辛いと思えば辛いのよ。悩みに大きいも小さいもないわよ。 ふんっ。)

3.誰それさんの悩みに比べたらたいしたことないじゃん。
(人の悩みは人の悩み。私の悩みは私の悩み。全く別なのに。比べないでよ。)

4.パーっと騒ごう!そうすれば解決♪
(楽しく騒ぎたくないから聞いてもらってるんじゃん。ふんっ。)

5.何か楽しい音楽でも聴いたら?
(人間ってね、今の自分の感情と相反するものは受け入れられないのよ。楽しげな曲なんて無理。悩んでいる時に行進曲なんて絶対無理でしょ?「哀愁漂う音楽聴いたら」って言ってよねー。バーカ。)

悩んでる人は、自分の悩みに精一杯で他の事をしっかり考える事が出来ない状態になっています。自己中心的でさえあるわけですね。

自己中、大いにけっこう。 悩みとはそういうものです。

悩みを抱えている人は、自分が期待した答えが返って来ないと余計落ち込みます。
我儘に感じるかもしれませんが、それが悩み。 心が傷ついている時は当然の事。

じゃあ、人の悩みを聞かされた人はどう答えればいいの?

「うーん、私があなたの立場だったら、多分同じように感じるわ。」….がいいかもしれません。

一番いいのは、ひたすら話を聞くこと。

悩んでいる人は、否定的な言葉にすごく敏感になっています。なので、否定的な言葉はNG.

「あなたの言いたい事わかるわ~」もNG.
「何で他人が私の事わかるのよー。キーッ」ってなっちゃいますからね。

悩んでいる人への最良の言葉は「あなたの立場なら私もきっと同じように感じるわ」。

で、その後で「~すればいいんじゃないかしら。」的な事を言えばいいと思うのです。
でも、ゼッタイに「~しないからだよー」みたいな否定文は使っちゃダメ。

アドバイス的な言い方は避けて、一緒に解決して行きましょう的な会話をする事がいいと私は思います。

悩んでいる人の8割ぐらいは、自分では自覚してなくても、ちゃんと解決策を見つけているもの。だから一番欲しい物は シンパシー(共感)です。

というわけで、落ち込んでいる時に元気になる言葉は、悩んでいる人を否定しない言葉。
その人を心から支えようとする姿勢。

それが出来ないなら、暖かく見守るだけでいいと思うのです。

私自身が悩んだ時、落ち込んだ時、愚痴を言いたい時はどうしているのか。

前は人に話したりもしましたが、悩みに関して自分と同じような感受性を持ち合わせていない人に話すのは逆効果だと学びました。

そうは思いたくはありませんが、本人は自覚していなくても意地悪な人は大勢います。人の悩みを聞いて「私には彼女のような悩みがなくてよかった!」….と、変な競争心理が働いて自分が優位にあるように錯覚する人もいるのです。

最近は悩みがある時は twitter でただひたすらつぶやいています。

ーーーーー 落ち込み名人の珠子よりーーーーー

A message from a 5-year-old girl who died after a long-term abuse and ignorance by her parents

I read a Japanese news article yesterday about a 5-year-old girl “Yu-a” who died in this March after a long term abuse / ignored by her parents.
Father is 33 years old (he is not Yu-a’s biological father),  mother is 25 years old.

Yu-a had been forced to get up by her own at 4 o’clock every morning to do “Japanese writing drill”.She had been fed only once a day (her weight was 26 pounds when the age average is 44 pounds).

Parents often put her in the bus tub for the cold shower abuse in the mid winter.
They often left her outside in winter to punish her for her being a bad girl.
Chilblains were found on her toes when an autopsy was performed.

Tokyo Police Department found a notebook in seized evidences, in which “Yu-a”  wrote:

Please, please forgive me, Please…
I’ll try hard,  I’ll try hard, I will do more tomorrow than today I did, without being told by mom and dad.   

I won’t do the same thing any more, so please forgive me.
I’ll do things over what I couldn’t do yesterday, I’ll correct the things I had been doing every day.

How I had been stupid, because I played!  I won’t play any more.
I promise that I definitely won’t play anymore.

白髪染めをやめて心が軽くなった!

2月に染めた時にひどく頭皮がかぶれてしまったので、それを最後に白髪染めをやめました。

前からずっと面倒くさいと思っていたし。たったの2~30分の事なのですが、
考えただけでも面倒で、かなりのストレスになります。
それに、懸命に若作りしているようで、何だか虚しい。

髪が黒々としているのに顔には年相応の皺やシミがあるので、何だかバランスが悪い。

人は他人の外見なんてあまり気にしていないとは思うのですが、
「髪は黒々としているのに、何だか老けた顔ね」と思われているような気がしてなりませんでした。 実はそう思っていたのは私本人だったのですが。

このように、髪を染める事によって余計な事ばかり考えてしまい、自信がどんどんなくなって行く毎日でした。

少しでも自分を若く見せようとする事で自信が保てるのだと思っていましたが、それは勘違いだった事に気が付きました。

ありのままの自分でいたい….などという素敵な奥さん風の理由ではなく、

「負の気持ちから解放されたい」というのが一番の理由です。

そんなわけで、白髪染めをやめた今、心がふわりと軽くなりました。

DSCN8629m1280a

白髪染めをやめてから約一か月後。生え際が白い。

皺やシミを見ては溜息をついていた日々でしたが、それがなくなりました。

もっと早く気付くべきでした!

どんな年齢にも素晴らしい側面があるのですから、それを隠そうと努力するのは無駄だと。

(これは私自身の考えですので、白髪染めを否定しているわけではありません。)

白髪の女優さんをネットでイメージ検索してみたのですが、みなさんとても美しい。

金髪の人はパステルカラーの洋服がよく似合いますが、白髪にもそれがあてはまります。

洋服選びも楽しみになって来ました。

実は白髪の自分を想像して、すでに何着か洋服を購入しました。

全体が白髪になるまでの移行期間がちょっとクセモノですが、一年我慢すればそれも克服出来ます。 一年は長いですが….。

でも、頑張ります!

来月、夫マイケルが年に一度の学会に行きます。今回は一緒について行く事にしました。

場所がニューオリンズだというのも魅力ですが、二日目の夜のカクテルパーティーが楽しみなのです!

まだ生え際だけの白髪ですが、大人の女のお洒落をして(むふふ)出席しようかな、と思っています。

白髪は楽しい。

人情と常識の狭間で….

それが人情と言うものでしょうが、ペット(動物家族)に甘すぎる人が多い!

私も我が家の愛猫半蔵プーを溺愛していますので、あまり強くは言えない部分もあるのですが、ひとこと言いたい。

家の中ではいくら甘やかしてもいいですが、公共の場や他人の敷地内でのペットの行動には目を光らせてください。 公共ルールは守ってください。 出来るだけでいいですので….。

さて、ペットに甘い人達の話を二つ紹介させてください。


第一話

数日前の事。

日課の夕方の散歩をして帰路につく途中、チワワが吠えながら私に襲い掛かって来ました。リスのように小さい体で、すばしっこく私の周りを走り回りながら歯をむき出し、鼻先に皺を寄せながら吠えまくるのです。いくら小さい犬だとは言え噛みつかれたら怪我をします。

コラーと大声を出したところ、それに気づいた飼い主の少女二人がその現場に来ました。
一人の少女が無言で犬を抱っこして家の中に入れ、玄関のドアを閉めました。
その後二人は私を見てへらへら笑っていたのです。

「何が可笑しいの?」 と聞いたら「だってこの犬は噛みつかない犬だから」と。
何それ? 意味不明。 しかもプププ、と噴き出すように笑いながら言うのです。

「うちの犬はこんなに小さいし、とっても優しくていい子なので噛みつくはずはないわよ。そんなに怖がってバカみたい」と思っていたのでしょう。

これは私の推測なので、彼女らの本心はわかりませんが。

うちの近所で犬を飼っている人達、こういう人がすごく多いのです。

逆恨みされて我が家の愛猫半蔵プーちゃんが傷つけられても嫌なので、怒りをこらえながら「犬を怖がる人もいるし、リーシュ無しで犬を外に出すのは市のルールで禁じられているのよ、わかった?」と冷静に、穏やかに、しかし諭すように言いました。すると、

「まーねー」みたいなふざけた返事。

その上まだへらへら笑っていました。

「たわけ!」と心の中で叫びながら、帰路につきました。

自分を守るために、もし仮に私が犬を蹴って犬が傷ついたら私が悪者扱いされるわけです。 悔しいけれど、この家の前を散歩しない事にした。 ほんとに悔しいです。


第二話

私はガーデニングが趣味なので、春は私にとって珠玉の季節。 青々とした新緑、ふっくらとした蕾、次々と咲く花を愛でては、自分が育てている草花の写真を毎日撮りまくっています。

「芝生にさよなら、ホースハーブ歓迎プロジェクト」をたった一人で数年前からやっています。芝生を含む稲系の草を素手でひとつひとつ丹念に抜いて、ホースハーブという愛らしい野草で家の庭を覆いつくす計画です。 ホースハーブはテキサス州土着の草で、黄色い小さな花を咲かせます。最近、この草をグランドカバーに使う人が増えて来ているようです。

さて先日、咲き始めたオダマキの写真を撮りFacebookに投稿しました。 するとご近所さんが早速コメントをくれました。

「素敵! うちのワンコがオシッコをかけてヘルプしてるからだね」と。

どう返事しようか迷いましたが「ありがとう。でもワンちゃんの手伝いはいらないですよ」と返信しました。

今日も私が何かに憑りつかれたように一本一本草を抜いていると、ご近所さんの犬が庭に入って来ました。そして、やっと蕾をつけたばかりのクレマチスにオシッコをかけたのです。

このワンコの目的は、我が家の愛猫半蔵プーのテリトリーへのマーキングなので、ジャージャー放尿したわけではないのですが、いつも素手で花の手入れをしている私としては、笑顔で迎え入れるわけには行きません。

「出てけ~」と追い払うと、飼い主が調度見ていて「こっち来なさい!」と犬に声をかけました。 まるで「あら怖いおばちゃんね~。 あなたはとっても優しくていい子なのにね~」と言わんばかりに。

私が住む街は、3月に入ってから、連続小包爆弾事件が起きており、本日犯人が自爆して死亡し、やっと事件は解決されました。 爆弾事件が続いている最中は、大好きな春なのに心はどよーんとしていました。 凶悪犯罪のニュースをテレビで観ては、近所の犬のオシッコぐらいどうって事ないわ、と思いはじめていました。

しかし、事件が解決されて街に平和が戻った今、ガーデニングが何よりの楽しみの私にとって犬のオシッコは大問題です!

犬の飼い主のみなさん、お願いしますよ、放し飼いにしないでください。 頼みますよ。